ドメインの種類には大きく分けてgTLD、ccTLDの2種類があります。

 

gTLD(generic Top Level Domain)

gTLDは世界中の誰もが登録可能な「.com」、「.net」、「.org」などのドメインです。

 

ccTLD(country code Top Level Domain)

ccTLDは国や地域ごとに割り当てられたトップレベルドメインであり、日本では「.jp」(jpドメイン)が使用できます。JPドメインは以下のような特徴を持っています。

・日本に住所を持つ個人、組織のみが登録可能

・レジストラロック機能を利用できない

・Whois情報公開代行サービスを利用した場合でも、組織名あるいは個人名が表示される

jpドメインは汎用JPドメイン名、都道府県型JPドメイン名、属性型・地域型JPドメイン名の3種類に分けることができます。

汎用JPドメイン名

日本に住所を持つ個人または組織が登録可能なドメイン名です。

登録できるドメイン名の数に制限がなく、漢字ひらがななどを用いた日本語ドメイン名も登録可能です。

例)example.jp

都道府県型JPドメイン名

47都道府県の名称を含むJPドメイン名です。

登録できるドメイン名の数に制限がなく、漢字ひらがななどを用いた日本語ドメイン名も登録可能です。

例)example.東京.jp、example.tokyo.jp

 

属性型・地域型JPドメイン名

個人または1つの組織が登録できるドメイン名の数が1つに制限されています。

「co.jp」(企業)、「ac.jp」(大学等)など組織の種別ごとに区別されています。

例)example.co.jp、example.ac.jp

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています