キャッチオール機能の有効/無効を切り替える方法

キャッチオール(Catch All)機能が有効な状態では、どこにも配信されないメールを受信する事ができます。存在しないメールアカウント宛のメールでも、エラーとなりません。

初期状態ではキャッチオール機能は有効となっております。

キャッチオール機能を無効にする手順

  1. cPanelにログインし、[電子メール] から [既定のアドレス] を開く。
    ca001.png
  2. 『サーバーで処理が行われていても、電子メールを SMTP 時間までに破棄し、エラー メッセージを生成します。』を選択。
    ca021.png
  3. 画面下の [変更] ボタンを押し、設定完了。

キャッチオール機能を有効にする手順

  1. cPanelにログインし、[電子メール] から [既定のアドレス] を開く。ca001.png
  2. 『システム アカウント “user” に転送します 』を選択。
    ※"user"の部分はお客様により文字列が異なります。
    ca022.png
  3. 画面下の [変更] ボタンを押し、設定完了。

キャッチオール機能で受信したメールの確認方法

  1. cPanelにログインし、[電子メール] から [電子メールアカウント] を開く。
    ca011.png
  2. [規定値]と書かれたアカウントの右側にある [CHECK EMAIL] ボタンを押す。
    ca012.png
  3. 表示された画面左上にある [Open] ボタン押し、webメール画面を開く。
    ca013.png
  4. キャッチオール機能で受信したメールが表示されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています