LiteSpeed Cacheが有効かを確認する方法

Google Chromeを使った確認方法

STEP1:確認したいwebサイトをChromeで開く

STEP2:デベロッパーツールを開く

キーボードの[Ctrl + Shift + I](Windows)または、[Option + Command + I](Mac)を押し、デベロッパーツールを開きます。

STEP3:[Network]のタブを開く
GC001.png

『Perform a request or hit Ctrl + R to record the reload.』が表示された場合には、キーボードの[Ctrl + R]を押してページを再読み込みします。
GC002.png

STEP4:確認したいwebサイトのURL部分をクリック
GC003.png

STEP5:「Response Headers」を確認

表示された画面の「Response Headers」を確認します。

『x-litespeed-cache: hit』の表示があれば、有効な状態です。
GC004.png

Mozilla Firefoxを使った確認方法

STEP1:確認したいwebサイトをFirefoxで開く

STEP2:開発ツールを開く

キーボードの[Ctrl + Shift + I](Windows)または、[Option + Command + I](Mac)を押し、開発ツールを開きます。

STEP3:[ネットワーク]のタブを開く

『再読み込み』のボタンが表示された場合には、ボタンを押してページを再読み込みします。
FF001.png

STEP4:確認したいwebサイトのURL部分をクリック

STEP5:「応答ヘッダー」を確認

表示された画面の「応答ヘッダー」を確認します。

『x-litespeed-cache: hit』の表示があれば、有効な状態です。
FF003.png

無効な状態の場合

『x-litespeed-cache: miss』と表示されている場合や、そもそも項目が存在しない場合等はLiteSpeed Cacheが正しく設定されていない状態である可能性がございます。

以下のページを参照して、LiteSpeed Cacheの設定をご確認下さい。

WordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています