「データベース接続確立エラー」が発生する場合の対処方法

「データベース接続確立エラー」(英語表記:Error establishing a database connection)が発生した場合、以下のような原因が考えられます。

 

wp-config.phpの接続情報に間違いがある

WordPressを利用している場合はエラーが発生したドメインのwp-config.phpとcPanel側のDB設定内容が一致しているかご確認をお願いします。

STEP1: cPanelにログイン

STEP2:ファイル>ファイルマネージャーをクリック

___________.png

STEP3:エラーが発生したドメインのドキュメントルートに移動

STEP4: wp-config.phpのファイルにカーソルを合わせ右クリックしViewをクリック

STEP5:wp-config.php情報を確認

ここでは4点確認していただくことがあります。

①DB_NAME:データベース名

②DB_USER:データベースのログイン情報のユーザー名

③DB_PASSWORD:データベースのログイン情報のパスワード

④DB_HOST:ホスト名

DB_NAME、DB_USER、DB_PASSWORDをメモし、

DB_HOSTが'localhost'になっていることをご確認ください。

___________1_____.jpg

STEP6:cPanelホームからデータベース>MySQLデータベースをクリック

MySQL________.png

STEP7:コントロールパネル側のDB設定内容(データベース名、ユーザー名)を確認

※パスワードは暗号化されているため、ここで確認することはできません。

DB___2.png

STEP8:下にスクロールし、STEP7で確認したユーザーの行で「パスワードの変更」をクリック

 DBconnect6.png

STEP9:STEP5で確認したパスワードを入力し、パスワードの変更をクリック

DBconnect7.png

 

プラグインなどによりデータベース接続上限に達している

JetPackやWordPress Popular Posts など動作時にデータベースへの接続を行うプラグインを導入している場合、データベースの接続上限に達している可能性があります。

プラグインを無効化し、症状が改善されるかお試しください。

 

データベースを利用するのに必要な権限が足りない

この問題はWordPress以外にデータベースを利用するアプリなどを導入した際に発生しやすいです。

ユーザーがデータベースに対して持つ権限は以下の手順で確認することができます。

STEP1:cPanelにログイン

STEP2:データベース>MySQLデータベースをクリック

DB___1.png

STEP3:「データベース接続確立エラー」が発生しているデータベースの「権限を持つユーザー」をクリック

DB___2.png

STEP4:チェックが入っていない項目があれば、チェックを入れて「変更」をクリック

すべての項目にチェックが入っていれば操作を行わずにページを移動して問題ありません。

DB___3.png

 

サーバー障害が発生している

サーバーで障害が発生している場合はお客様による対応ができません。

障害・メンテナンス情報をご確認いただき、記載がない場合はお手数ですがサポートまでご連絡お願いいたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています