LiteSpeed Cacheにてエラーメッセージが表示された場合の修正方法

lsce001.png

「LiteSpeed Cache was unable to write to your wp-config.php file. Please add the following to your wp-config.php file located under your WordPress root directory: define('WP_CACHE', true);」というエラーメッセージが表示された場合、下記手順に従って操作を行って下さい。

※エラーが表示されたままではキャッシュは有効になりません。

STEP1:cPanelにログイン

詳細はこちらの記事をご参照ください。

STEP2:ファイルマネージャを開く

cPanelにログイン後、ファイルマネージャを開きます。

lsce020.png

STEP3:wp-config.phpを開く

WordPressがインストールされたディレクトリ(初期ドメインの場合には「public_html」直下)を開き、「wp-config.php」と書かれたファイルを選択し、画面上部の「編集」をクリックします。

lsce030.png

警告が表示された場合には、「Edit」と書かれたボタンを押します。

lsce040.png

STEP4:対象の記述を探す

ファイルの下部にある、以下の行を探します。

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

または、以下のように英語で書かれている場合もあります。

/* That's all, stop editing! Happy blogging. */

lsce005.png

STEP5:コードの編集

該当行の一つ上に、以下のコードを記載します。

define('WP_CACHE', true);

lsce006.png

STEP6:ファイルの保存

右上にある「変更の保存」ボタンを押して、保存してから閉じます。

lsce007.png

関連記事

WordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています