迷惑メールフィルターの設定

迷惑メールフィルターの使用方法をご紹介します。

迷惑メールフィルターを有効にする

STEP1:cPanelにログイン

STEP2:電子メール>Spam Filtersをクリック

迷惑メールフィルターであるSpam Filtersを有効にします。

spam1.png

STEP3:セレクタをクリック

Process New Emails and Mark them as Spamの左側のスイッチをクリックして青色にします。

spam2.png

STEP4:設定の確認

画面右側に現在、Apache SpamAssassin has been enabled.と表示されている事を確認します。

spam3.png

迷惑メールフィルターの動作について

Apache SpamAssassinにより、迷惑メールであると判定された場合、メールヘッダーにX-Spam-Flag: YESが付加されます。
ヘッダーによる振り分けに対応しているメーラー(Mozila Thunderbirdなど)をご利用いただく事により、メーラーでの迷惑メールの振り分けがご利用いただけます。
なお、初期状態では迷惑メールと判定された場合はヘッダーに情報が付与されるのみで、メールが削除される事はありません。

迷惑メールの自動削除を有効にする

迷惑メールと判定された場合、自動でメールの削除を行う事も可能です。
ただし、この設定を行うと必要なメールまで削除される場合がございますので、設定にはご注意下さい。

STEP1:Configure Auto-Delete Settingsをクリック

spam4.png

STEP2:フィルター項目のスコアを設定

spam5.png

  • デフォルトのスコアは5が設定されています。一般的な利用におすすめします。
  • スコアが1に向かって小さくなる程、フィルターの判定が厳しくなります。例えば1を設定した場合、ほとんどのメールが迷惑メールと判定されます。
  • スコアが10に向かって大きくなる程、フィルターの判定が緩くなります。例えば10を設定した場合、迷惑メールであっても削除されない可能性があります。

まずはスコアを5でお試しいただき、状況に応じて調整していただく事をおすすめいたします。

STEP3:セレクタをクリック

Auto-Deleteの下にあるスイッチをクリックして青色にします。

spam6.png

STEP4:設定の確認

画面右側にSpam Auto-Delete has been enabled.と表示されていることを確認します。

 

spam7.png

 

 

この記事は役に立ちましたか?
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています